お詫びと訂正
2008年11月21日発売『シルバーアクセスタイルマガジン VOL.7』のP.77「ガボール」企画内において、「編集部より」と題された記載内容に誤りがありました。訂正箇所は以下の通りです。

1.『「GABOR INC USA」とその取り扱いショップの商品を「Gaboratory inc(ガボラトリー)」は、「コピー製品」と見なして、日本、アメリカで裁判を起こし、’08年6月の東京地方裁判所での判決では、その訴えが認められました。』とありますが、実際には今だ係争中であり、事実関係を確認せずに「Gaboratory inc(ガボラトリー)」側の主張のみを鵜呑みにして掲載してしまったことについて、読者をはじめ関係者各位に心よりお詫び申し上げます。

2.『「スタイルマガジン」では、これまで「ガボール」の商標(権利)が無断使用されていることを知らされずに掲載してしまっていましたが、今回の判決を受け、今後はマリア・ナギー氏が継承する「Gaboratory inc(ガボラトリー)」のだけを本物の「ガボール」として掲載して行くことを承認、確認いたしました。』とありますが、こちらも事実関係がいまだ係争中のため、すべての裁判が結審した段階にいたるまで、読者、ならびに関係者の方々の誤解を招かないよう、掲載を控えさせて頂きます。

読者の皆様、関係者各位様に対しては、誤解と混乱を招く表記があったことを心よりお詫び申し上げます。
笠倉出版社「シルバーアクセスタイルマガジン」編集部
閉じる