血管の名医が教える!ぐうたら生活でぐんぐん血管若返り術(楽LIFEヘルスシリーズ)
  • ●2016年10月31日発売
  • ●本体価格:900円
  • ●ISBN(JAN・雑誌コード):9784773057782

ご購入は以下からどうぞ

セブンネットショップ アマゾン ブックサービス
e-hon 富士山マガジンサービス 富士山マガジン定期購読

内容紹介

血管老化が病気をまねく! 日本人の死因の上位を占める「心臓病」と「脳卒中」は、血管の老化が引き起こした“血管事故"です。自覚症状に乏しく、いつの間にか命の危険に関わる事態にまで進行していることも。階段をのぼると胸がしめつけられることがある、インスタント食品や脂っこい食事を好んで食べる、血圧が高い、運動不足だ、など……。血管年齢セルフチェックをしながら、正しい知識を身に着け、血管事故を防ぎましょう。

【目次】
●第1章 血管の声を聞こう 知識で防ぐ突然死
血管老化が引き起こす病気
血管老化はなぜ起こる?
リバウンドするなら、ダイエットしないほうがよい
血管年齢セルフチェック
高血圧・脂質異常症・糖尿病・喫煙 血管事故の4大因子

●第2章 まずは「食」から 血管がよみがえる食生活
血管若返りのための「やさい」の法則
塩のとりすぎがなぜいけないのか
嫌いなものは無理して食べなくてよい
食べすぎだけに気をつける
卵でコレステロールが高くなるわけではない
食物繊維で血管そうじ
血管壁を丈夫にする亜鉛
マグネシウムで血管いきいき
血管を若返らせるよい脂EPA
大豆で悪玉コレステロールを撃退
赤ワイン・コーヒーは抗酸化パワーの宝庫
高沢先生お墨付き血管若返りレシピ
にんじんの豆乳マリネ、きゅうりともやしのじゃこサラダ
きのこの酢味噌和え、海苔ピーマン、セロリのガリ
さつまいもとちんごのマッシュサラダ、アスパラガスの春巻き
玉ねぎの焼き浸し、緑野菜のさっぱり炒め
彩り野菜のゼリーよせ、キャベツとあさりの酒蒸し、蒸しトマト豆腐
かぼちゃと豚肉の重ね蒸し、ほうれん草のエスニック卵焼き
なすといわしの重ねチーズ焼き

●第3章 ぐうたら生活で 血管若返り
週2回、20分早歩きをするだけ
1日1回555呼吸法で血管リラックス
テレビを見ながら若返り体操
タバコはスパッとやめなくてよい
趣味は無理やりもたなくてよい
量さえ守れば休肝日は不要
お風呂は40℃ぐらいのぬるめがよい
高血圧の人も汗をかいたら水+塩
電話は3回鳴ってから出る
笑って泣いてストレス発散
怒らない、こだわらない。「まぁいいか」が大切
年に一度は健康診断を受けよう


監修●高沢謙二
東京医科大学病院健診予防医学センター長
東京医科大学教授
1952年生まれ。浦和高校、東京医科大学卒業。現在、東京医科大学教授。東京薬科大学客員教授。北京大学客員教授。国際血管健康学会(ISVH)理事、日本臨床生理学会理事、日本高血圧学会評議員、日本脈管学会評議員、日本循環器学会関東甲信越地方会評議員、日本総合健診医学会審議員。著書に『ぐうたらでも血圧がグングン下がる50の方法』(主婦の友社)、『「血管年齢」が若返る本』(マキノ出版)、『知らないと怖い血管の話』(PHP研究所)、『「やわらかい血管」で病気にならない』(SBクリエイティブ)などがある。テレビ番組などにも多数出演。「血管年齢」を考案した名医として好評を博している。

内容紹介

劇薬の日本史 VOL.2 めぐる戦国史 合戦の地を歩く―平成版おとなの歴史 本当はこわいこども おとなの「家庭科の教科書」
劇薬の日本史 VOL.2 めぐる戦国史 合戦の地を歩く―平成版おとなの歴史 本当はこわいこども おとなの「家庭科の教科書」

CLOSE