大人の算数やりなおしドリル
  • ●2018年1月15日発売
  • ●本体価格:926円
  • ●ISBN(JAN・雑誌コード):978-4-7730-5938-0

ご購入は以下からどうぞ

セブンネットショップ アマゾン ブックサービス
e-hon 富士山マガジンサービス 富士山マガジン定期購読

内容紹介

小学校6年分+中学校3年分で学んだ算数がこの一冊にぎっしりと詰まっています。算数が得意だった方も苦手だった方も楽しく復讐できる解説つきの問題を多数ご用意してありますので、学生時代の気分を思い出しながら是非チャレンジしてみて下さい。


算数を学びなおすことの楽しさ!

大人になっても新しい分野や、自分が知らないことに対する興味がつきることはありません。リタイヤ後に大学に入学しなおす人がいれば、スキルを習得するためにパソコン教室に通う人もいます。私たち人間というものは、年齢に関係なく“未知なるもの"を常に追い求める気質を持っているのかもしれません。

算数という分野は、学生時代に苦手としていた人も多く(どの教科も同じですが)、教科書で学びながらノートに数字や式を書いていく作業がなくなってしまった大人にとっては、大仰な計算を改めて行う機会が少ないテーマと言えます。√(ルート)の計算や二次方程式の問題をいざやってみようと思っても、触れていない時間が長かっただけに、そのやり方を忘れてしまっている人も多いでしょう。ある意味で仕方のないことです。

それだけに、改めて算数を学びなおすことは、一種の“未知なるもの"を追い求める行為なのかもしれません。一度は習ったことなのに、長年触れてこなかったゆえにその内容をはっきりと思い出せない。ではもう一度やり方を理解してみよう。へえ、こんな計算だったのか。改めてやってみると楽しいじゃないか。そんな風に感じてもらえるのではないでしょうか。

算数を学びなおす(勉強する)ことの楽しさの一つに、「計算をすれば、必ず答えがはっきりと出る」ことが挙げられます。1+1=2。4÷2=2。これほどまでに明確に答えが出る教科は算数だけかもしれません。しっかりと計算の行程を理解し、それを実践することでキチンと答えを導くことができる。それが算数という教科の面白い点だと言えるでしょう。

本書を読み進め理解を深めて問題を解いていくうちに、「もっとたくさんの問題を解きたい」と思うはずです。それこそが算数が持つ楽しさの本質であり、魅力であり、私たち大人がチャレンジしたくなる理由ではないでしょうか。本書ではそんな“快感"や“達成感"をたくさん感じられるように、問題を数多く掲載しています。

頭から進めても良いですし、気になる項目からチャレンジしても良いでしょう。算数の楽しさに気づくことで、本書を夢中になって解き進めていただけることを期待しています。

内容紹介

キリスト教の嘘と真実 酒井式腰痛解消3分間ストレッチ 世界のスパイ&諜報機関バイブル アメリカ大統領の履歴書
キリスト教の嘘と真実 酒井式腰痛解消3分間ストレッチ 世界のスパイ&諜報機関バイブル アメリカ大統領の履歴書

CLOSE